東京事変「Dynamite out」には完成されすぎない美しさがあった

東京事変「Dynamite out」には完成されすぎない美しさがあった

Dynamite outとは東京事変を結成後、2005年に行われた初のライブツアー(東京事変 live tour 2005 “dynamite!”)をDVD化した作品である。僕自身は生の公演に参戦したわけではないが、DVDを視聴した感想を記していきたい。

後期の東京事変とは違う、完成されすぎない美しさがそこにはあった。

 

ぶつかりあう個性

東京事変は一度のメンバー交代を経験しており、よくファンの間では「第一期(初期メンバー)」と「第二期(メンバー交代後)」という言い方で区別されている。

そして当公演は初のライブツアーということもあり、初期メンバーである第一期メンバーで実演されているわけだが、メンバー全員の個性が良い意味でぶつかり合っていると、DVDからでも感じることができる。
※基本はイチファンの感想レベルのため、勘違い的な表現も多分に含まれると思うが、そこは戯れ言と思ってご容赦されたし

 

第一期メンバーが最高という人の気持ちもよく分かる

第一期メンバーでは、鍵盤をH是都M、ギターを晝海幹音さんが担当しており、活動履歴としては第二期の方が圧倒的に長いにも関わらず、第一期東京事変を絶賛する声もよく聞く。

僕自身はあまり第一期のことは知らなかったので、「ほぅほぅ」といった気持ちでいたのだが、「Dynamite out」のDVDを視聴すれば、第一期メンバーが最高と言いたくなる気持ちもよく分かる。

H是都Mが奏でる鍵盤の音色はとても妖艶だし、晝海幹音さんのギターはとても攻撃的で繊細というか、言葉では表現できないような嘆きや怒りといった感情を上手く表現していると思う。(なんならベースの亀田誠治さんや、ドラムの刄田綴色さんでさえも、その若さゆえの荒々しさが垣間見える。)

とにかく一人一人の個性が際立っており、そんなメンバーに加え、林檎さんの歌唱が加わるわけだから、個性がぶつかり合うに決まっているのだ。

そんな第一期メンバーの公演は、なんと言ってよいのだろうか・・ 演奏自体にも”とげとげしさ”があり、その後の東京事変に見られるような“大人としての洗練された美しさ”はあまり感じ取ることができない。

ただこれはこれで第一期の東京事変でしか表現できないものだし、第二期とは違う種類の美しさが存在する。完成された創作物自体の美しさというよりも、創作すること自体の”きらめき”のようなものを感じ取ることができる。

 

狂気と美しさは表裏一体

Dynamite outを観ていると、一種の狂気のようなもの感じられる。ときおり林檎さんなんか目をひんむいちゃうし(今の椎名林檎では絶対に観られないパフォーマンスだな)、先にも言ったように演奏はとげとげしくも繊細で、観客をあの緑の世界に引き込んでしまう狂おしさがある。
(当公演では舞台衣装や演出含め、緑が色のテーマとなっているもよう。)

「狂おしいほどの美しさ」という表現もあるが、まさに狂気は美しさのエッセンスとなり得るものであることが、当公演を観ることで理解できる。

 林檎さんの世界では、生と死とか、永遠と儚さとか、夢と現とか、美的と狂的とか、あえて対局にあるものを匂わすことで、物事の本質をさらに際立たせてくれる。まさに椎名林檎の世界であり、その表現手法には感服するばかりである。

 

とにかく息つく暇もない

「林檎の唄」で始まり、「夢のあと」で終わるのだが、終始息をつく暇もないぐらい、その世界観に心を奪われてしまう。

ざっとそれぞれの曲をピックアップして、箇条書き的に感想を述べていこうか。

【1.林檎の歌】
シングルでリリースされたラテン調のアレンジではなく、バンドだから実現できるロックな仕上がりになっており、スタートから心をつかまれる。


【2.入水願い】
曲自体も狂気だが、パフォーマンスも狂気だ。ただ林檎さんがどこか切なげで儚げな表情をして、後ろを振り向く感じは、今も変わらないなと思う。
(これで伝わるだろうか・・)


【4.ダイナマイト】
ライブタイトルにもなっているダイナマイト。ライブも序盤の演奏も終わり、勢い付いてくる。(林檎さんもここでコートを脱ぐしね)


【7.if you can touch it】
晝海幹音さんの楽曲をカバーしたものだが、出だしから単純に格好良い。


【9.車屋さん】
こちらは美空ひばりさんの楽曲をカバーしたもの。こうした楽曲を入れてくるあたり、椎名林檎らしさが出てるなと思う。


【12.現実に於て】
H是都Mによるインストゥルメンタル。ピアノ演奏の美しさと妖艶さを感じ取れる。


【19.丸ノ内サディスティック】
林檎さんのライブに参戦するなら、一度は聞いてみたい一曲だよね。


【24.心】
個人的にも好きな一曲。前曲の群青日和での爽快感から一転、しんみりとした気分にさせてくれる。


【25.夢のあと】
アンコールの最後に夢のあとなんて、ずるい演出だ。ライブ後も心の中は充足感でいっぱいになるんだよな。
(そういえば2018年の不惑の余裕公演もラストは夢のあとだったな)

・・・なんか薄っぺらい感想しか述べることができずに申し訳ない・・

 

おわりに

とにかく「Dynamite out」は東京事変第一期がなんたるかを教えてくれる貴重な公演DVDだ。東京事変後期や、林檎さんのライブと比較して、舞台演出は少ないのだが、それでもその他の実演と比較しても遜色ないほど、観る者を魅了させるスゴさがある。

あらためて美しさには様々なタイプがあることを教えてくれるライブであり、まさにダイナマイト級の公演なのだ。 

椎名林檎カテゴリの最新記事