「SHOE DOG 靴にすべてを。」を読んだ感想~情熱の偉大さを知る~

「SHOE DOG 靴にすべてを。」を読んだ感想~情熱の偉大さを知る~

「SHOE DOG(シュードッグ) 靴にすべてを。」とは、誰もが知るスポーツブランド、ナイキの創業者であるフィル・ナイト氏によって執筆された一冊。

内容としてはナイキ創業期のエピソード(1962年~1980年まで)が記されているのだが、単純にめちゃくちゃ面白い。普通に物語りとしても満足して読めるレベルに仕上がっている。

そしてビジネス書としても秀逸で、ビジネスをする上での情熱や熱意という要素の重要さを、本書を読み進めていく中であらためて教えてくれる。

 

情熱と熱意がすべての原動力となる

ナイキの創業者であるフィル・ナイト氏が、日本のシューズメーカーであるオニツカが生産するランニングシューズを輸入して、アメリカで代理販売するところからナイキの歴史が始まる。

オニツカとはこちらも誰しもが知るアシックスの前身なのだが、アメリカのナイキと日本との意外な関係性に驚かされる。

ナイキ社(もともとはブルーリボン・スポーツ社)を経営していく上で、小切手の不渡り、訴訟問題、倒産スレスレの資金繰り、スポーツ業界からの圧力など、数々の壁にぶち当たるわけだが、こうした壁を乗り越えられたのも創業者であるフィル・ナイト氏が靴に対して異常なまでの情熱と熱意を持っていたからこそだと思う。

もちろんビジネスである以上、戦略や計画は大事なのだが、情熱と熱意がなければ途中で諦めも出てくるだろうし、1962年当時で大手スポーツメーカーだったアディダスやプーマと並び、世界的スポーツメーカーになることもなかっただろう。

まさに世の中を変えるのは情熱と熱意が根底にあることを知らしめてくれる。

 

情熱が革新を生む

情熱は会社経営をしていく上での原動力となるだけでなく、革新を生み、世の中を動かすことにもつながる。

例えばアディダスやプーマといった大手スポーツメーカーが席巻している業界にて、後発のナイキブランドが一流メーカーになれたのも、商品開発における情熱があったからだろう。

主に商品開発はナイキの共同創業者であるビル・バウワーマン氏が手がけていたようだが、ワッフル型のソールを開発するなど機能性という面でも革新をおこし続けた。そうしたたゆまぬ努力が実を結び、トップアスリートにも支持されるようになり、ますますナイキブランドの認知度はひろまっていったのだ。

僕も過去に「新規事業を立ち上げるのに重要なものって、案外情熱とか熱意だったりする」という記事を書いたが、創業者や事業立案者の情熱や熱意は、必ずユーザーに伝わるものなのだ(逆に言えば熱意や情熱がのっていない事業は人々を魅了しない)。

 

時代背景も面白いポイント

本書を読み進めていく上で、現代とは異なる時代背景を感じ取れるのも面白いポイントだ。

物語が始まる1962年といえばビートルズがレコードデビューした年であり、日本でのテレビ普及率がまだ50%未満だった頃である。まだまだパーソナルコンピュータなんてものすら存在しておらず、ビジネスでの連絡もメールではなく手紙でのやりとりを行っている。

そのためビジネスのスピードはとてもゆっくりしている。そこが現代に生きる我々にとっては若干の違和感すら与える。

フィル・ナイト氏はナイキ創業期には靴の販売を専業で行っていたわけではなく、日中は会計士として会計事務所に勤めており、夜間や週末にナイキの事業を行っていた(販売パートナーは専任して靴の販売をしていたようだが)。

また資金繰りという面では、できるだけ自分たちのやり方を貫くという意味でも、下手に株式上場という選択肢を選ばずに、苦しい資金繰りの中で銀行や商社を相手にして融資のやりとりをしている。

これが現代であれば、とにかく創業してまだまだ初期投資すら回収できていないアーリー期からベンチャーキャピタルなどの出資を受けて、さらに事業をスケールさせるというやり方があるが、そんな考えに慣れているとナイキの創業物語はずいぶんゆったりしているなと感じる。

まぁ時代ならではというか、通信機器が発達していない当時ではそれが当たり前だったのだろうが。

 

おわりに

ナイキという我々にとっても身近なスポーツメーカーにもかかわらず、もともとは日本のシューズブランドを代理販売していたことなど、意外な事実が盛りだくさん。またフィル・ナイト氏が自ら執筆したということもあり人柄もよく伝わってくる一冊。

ビジネス書という枠を超えて、一つの会社物語としても普通におもしろく読める書籍であった。

書籍カテゴリの最新記事