年間で東横インに100泊する僕が、東横インの魅力や少々の不満を語る

年間で東横インに100泊する僕が、東横インの魅力や少々の不満を語る

僕は現在、名古屋と東京の二重生活をしているのだが、東京ではホテル暮らしをしている。そして毎度のごとくお世話になっているのが、大手ホテルチェーンの東横インである。

だいたい年間で100泊ぐらいするわけだが、今回は僕が感じる東横インの魅力を(魅力だけでなく改善してほしい点なども含め)語りたいと思う。

ただ東横イン以外のビジネスホテルはあまり利用したことがないため、今回の内容はその他ホテルと設備やサービスの質を比較するものではなく、あくまで個人の主観による感想レベルであるということを、前提として承知いただきたい。

 

東横インの良いところ

そもそも東横インのコンセプトは「駅前旅館の鉄筋版」である。僕が宿泊するのはもっぱら関東を中心とした首都圏であるが、どのホテルに宿泊してもこのコンセプトをシンプルに貫いている。

要はどういうことかと言うと、鉄道や空港などの駅近に位置し、リーズナブルな料金設定なのだ。まさに「THE・ビジネスホテル」といった感じで、観光旅行ではなく出張で利用するにはもってこいのホテルなのである。
※もちろん観光旅行で使用しても申し分ないのだが。

それでは、僕が感じている東横インの魅力について、余すところなくお伝えしていきたい。

 

良心的な価格設定

ビジネスホテルと言えば、アパホテルやスーパーホテルなど、いくつか有名ホテルチェーンがあるが、東横インは良心的な価格設定で経済的にも優しい。

宿泊料金は場所によってさまざまだが、僕が利用する東京都内の東横インで、シングルで宿泊するとだいたい7,000円~8,000円ぐらいの金額だ。
(後述する東横INNクラブに加入すると、6,000円台後半で宿泊することも可能なのである)

近年は外国人観光客も増え、都内のホテル需要も高まっているため、どのホテルも結構強めの料金設定をしている。アパホテルなんかは週末とんでもなく値上がりすることもあるし・・・ それに比べて東横インはとてもリーズナブルな価格を貫いているのである。

その分、過度なサービスを期待してはいけないのだが、そこは先にも説明したとおり、駅前旅館の鉄筋板というコンセプトを理解していれば問題はないだろう。

 

とにかく清潔

僕は潔癖症とまではいかないが、不潔な環境には結構な嫌悪感を感じるタイプ。だからホテル選びをする際には「清潔感」を一番に優先する。

だが安心してほしい。東横インはとにかく清潔だ。決して安かろう悪かろうではない。

部屋全体がほこりっぽいこともなければ、トイレやバスタブといった水回りも清潔に保たれている。清掃マニュアルがしっかりしているのだろう。

清潔感を意識するユーザーも、気持ちよく宿泊できるはずだ。

 

どのホテルでも同じような設備・調度品を使用

東横インは(昨今新しくオープンした東横インを除いてだが)どのホテルに宿泊しても同じような設備・調度品が使用されている。

オレンジ色のベッドカバーにカーテンやフロアマットの色、室内灯、時計の形まで同じなのだ。ここまで設備が同じであれば、どのホテルのどの部屋に宿泊しようとも、「いつもの部屋」に帰ってきた感が生まれる。

ホテル泊だからといって、変な緊張感が生まれるどころか、(きっと何泊もしていくうちに)一種の安堵感を覚えるだろう。もはや僕にとって東横インは第二の我が家なのだ。

 

新しくできた東横インもいいぞ

2018年1月以降に新しくオープンした東横インでは、従来の雰囲気からガラッとかわり、青を基調とした部屋になっている。

先に説明した「いつもの部屋感」は薄れるが、より便利な設備も登場し、これはこれでとても良いのである。

新しいタイプの東横インがどう変わったのかは、以下に紹介する公式ホームページの案内をご覧いただきたい。

東横イン公式HP
新スタイルの客室ご紹介 ~より快適なホテル滞在を~
※枕元のUSBコンセントは特にありがたい

せっかくなので上記のHPでは紹介されていない部分をお伝えしておこうと思うが、新しいタイプの東横インの客室にはリゾートタイプのシャワーが備え付けられている。

イメージがわかないかもしれないが、ホースにシャワーヘッドがついているやつではなく、天井にシャワー口がついており、天井からシャワーが降り注いでくるやつだ(これで想像いただけただろうか)。

ビジネスホテルにもかかわらず、なんとなくリゾート気分にもなれるし、通常のシャワーも併設されているのでご安心あれ。

 

女性用のアメニティも用意があるから安心

以前一度だけ嫁と東横インに宿泊したことがあるのだが、ホテルへのチェックインの際に、受付でメイク落としなどの女性特有のアメニティをいただいた。

こうしたアメニティも充実しているので、わざわざメイク落としを事前に購入する必要もない。

その他のアメニティは、歯ブラシ、剃刀、くしなどの消耗品も無償で提供されている。ナイトウェアもあるので、寝間着を用意する必要もない。
(とは言え睡眠の質を考えると、僕自身は毎回パジャマを持参しているため、東横インのナイトウェアを使用したことは一度もないが)

 

東横INNクラブには入るべき!

東横インには「東横INNクラブ」というメンバーシップ制度が存在するのだが、継続して東横インを利用するなら、必ず当クラブに加入するべきである。

クラブ会員となるためには、一般:1,500円、学生:1,000円の初期費用がかかるのだが、会員独自の宿泊割引が適用されるため、3,4泊もすれば、元が取れてしまう。
※年会費がかからないのも嬉しいポイント

具体的な特典は

  • 10泊利用でシングル無料券プレゼント
  • 平日(月曜日~土曜日)は5%割引、日曜・祝日は20%割引
  • 毎月10日は無料宿泊利用のためのボーナスポイントが付与
  • スムーズに簡単チェックインが可能
  • 6ヵ月前からご予約が可能
  • 15:00からのアーリーチェックインが可能
  • カードキーがルームキー代わりとなり、利便性アップ
  • 東横INN以外の全国の施設で様々な優待サービスが受けられる

となり、これを見ただけでも、どれだけメリットがあるかお察しのことだろう。

詳しくは公式HPの「東横INNクラブについて」を参照してほしい。

 

その他にも東横インの魅力はいくつも

上記で挙げただけでなく、東横インの魅力はいくつもある。一つ一つ挙げていればキリがないので、以下に箇条書きにしてまとめたいと思う。

  • 新規オープンして1ヶ月以内はシングル:3,950円、ツイン:5,390円で宿泊可能
  • 「たのやく」という無料で読める雑誌が標準装備(持ち帰り可能)
  • ビール券、金券などを宿泊費に充当できる
  • 公式HPからの予約が最安値
  • 全室Wi-Fi利用可能
  • 24時以降に直接ホテルに行くことで通常より安く宿泊できる(ただし空室があれば)
  • 500円で200以上のコンテンツが楽しめるビデオオンデマンドサービスあり(僕は一度も使用したことないが)
  • ホテルによっては近場のターミナル駅へ無料送迎あり
  • 冬場には嬉しい加湿器もあり
  • 朝食は無料サービス(これは後程言及しよう
  • 添い寝の場合は子供の宿泊は無料(家族ずれには嬉しいサービスだ)
  • 連泊の場合、宿泊費用が安くなるECOプランの利用可(シーツや歯ブラシの交換がない)

つまりは控えめに言っても、東横イン最高ということなのである。

 

ちょっと残念に思うところ

ここまで東横インのことを絶賛してきた通り、コストパフォーマンスを考えると最高のホテルであることは間違いないが、残念に思うところもないわけではない。

改善点というほどではないが、こうなったらいいなと思うところ記していきたい。

 

そよ風ドライヤー

これもホテルによってなのだが、一部のホテルではドライヤーの出力がとても弱い!「おいおい、これ本当に”強”ですか?」と疑いたくなるほどの送風しかされないこともある。

例えて言うなら、人が「フーッ」て息を吹くぐらいの風しかでないのだ。これでは髪を乾かすのに時間もかかるし、ブローの質が悪いとスタイリングまでいまいちになってしまう。

比較的新しくオープンしたホテルでは、送風力の強いドライヤーが設置されているが、まだまだそよ風程度の風しか出ないドライヤーもある。

朝食は期待できない

東横インは無料朝食サービスがあり、基本は朝の6:30~9:30ぐらいまでだったかな、1階ロビーで朝食を頂くことができる。

パンやごはん、4,5種類のおかずが用意され、たまにはカレーが出ることもある(地域によってはご当地食材を使った料理が提供されることもあるらしいが)。

正直味に関しては、そこまで絶賛できるものではない。 ・・ただ朝食に関しては無料サービスであり、贅沢を言えるものでもないことは重々承知している。ただでさえリーズナブルな宿泊料金、無料で食べられるだけありがたいのだ。そこに感謝しなければならない。

 

おわりに

年間100泊ぐらいしているだけあり、東横インに関しては思い入れも深くなってしまい、ついつい長文になってしまった。

最後にはちょろっと不満を感じる点も記したが、不満を感じることなんてほんのわずかだ。(その他のホテルはそこまでよくは知らないが)東横インはコスパ最強ホテルといっても過言はないだろう。

ホテル選びに悩んでいるのであれば、一度は東横インを使用してみるとよいだろう。

雑記カテゴリの最新記事