初めてWEBライティングを仕事として請けて大変さを実感したときの話

初めてWEBライティングを仕事として請けて大変さを実感したときの話

現在はWEB上で文章を書くこと自体に抵抗はないが、僕はもともとWEBライティングを専門にしていたわけでも、WEBライターを目指したわけでもない。(そもそも僕の仕事人としてのキャリアはシステムエンジニアからスタートしたので・・)

WEBライティングを始めたのは2014年のことだが、その年の末ごろには、とある上場企業からWEBライティングの仕事を請けるようになった。素人ライターが仕事としてライティングを請けたので、最初はめちゃくちゃ指摘をいただくことが多かった。今回はそのときの出来事を書き残していこう。

 

自社のオウンドメディア運営でWEBライティングをはじめる

お客様から金銭をいただく「仕事としてのWEBライティング」を請ける前は、そのころ経営していた自社のオウンドメディア運営にて、自由気ままにWEBライティングをしていた。ちょうど2014年ごろ。オウンドメディアやコンテンツマーケティングという言葉が、WEBマーケティング市場でとても大きな話題になっていた時期だ。

当時は「職人」や「作り手」といった”ものづくり”にフォーカスをあてたオウンドメディアの運営をしていたのだが、もちろんライティング経験どころか、長文を書く習慣などこれまでなく、思いのままにライティングを楽しんでいた。
※当時運営していたオウンドメディアは事業の廃止とともにつぶしてしまったので今はもうない

 

とある上場会社からWEBライティングの依頼が

上記で説明したように、当時僕が経営していた会社にて”ものづくり”に特化したオウンドメディアを運営していたこともあり、とある企業からお声がかかった。その会社について社名まで出すことは控えたいが、名古屋セントレックスに上場しているベンチャー企業である。

ちょうどそのころ先方の企業では「伝統サポーターズ」という職人や作り手を対象としたクラウドファンディングのようなWEBサービスをリリースさせたところで、そこに掲載する記事作成を我々のもとに発注してきたという流れだ。

仕事内容はSkypeを利用して全国の職人にインタビューを行い(アポ取りまでは先方企業で手配済み)、インタビュー内容をもとに、記事にして起こしていくというもの。インタビューして記事に起こすという流れは、自分たちが行っていたオウンドメディアでもやっていたことなので「今まで通りやればよいだろう」という気持ちでライティングの仕事を請けることにした。

 

返ってくるのは指摘事項だらけ

初となるSkypeでのインタビューを終わらせ、記事を作成し納品時の検証作業に入った。そしたら先方からは記事の構成ではなく、文字の表記方法に対して山のような指摘をいただいた。

その内容は「ここはこの漢字を使いなさい」とか「表記ゆれが気になります」といったものだった。「表記ゆれ」なんて言葉自体始めて聞いたもので、非常に戸惑ってしまった。しまいには「記者ハンドブックなど、特定のルールブックを使用していますか?」とまで聞かれる始末。「記者ハンドブック・・? 何それ?」ぐらいの感じだったため、速攻でGoogleで検索し、速攻でAmazonでポチった。

 

ライティングの世界は奥が深いことをはじめて知る

Amazonでポチった次の日には、「記者ハンドブック」が届いた。

記者ハンドブックとは共同通信社が発行している、文章を書く上で悩んでしまいそうな表記方法を、一定のルールとして定めているもの。内容については以下の通り。

『正しい日本語で伝わる文章を』
漢字と平仮名どちらを使うのか、送り仮名はどう付けるのか、同音異義語の使い分けは?・・・。
用例が豊富な用字用語集と読みから引ける漢字表。外来語の正しい使い方も明記。
一般企業の企画・広報担当者からWEBライターまで、文章を書くすべての人にお薦めする日本語用字用語集の決定版です。

例えば「いただく」という表記には「頂く」と「いいただく」といったように、ひらがなで書くこともできれば、漢字で書くこともできる。ひらがなを使用するか、漢字を使用するかはライターの気分次第ではなく、記者ハンドブックを読むと、しっかりと使い分けが記載してあるのだ。

他者から何かしらを授与される場合は「頂く」、丁寧な言葉遣いにする場合は「いただく」といったような使い分けが存在するのである。そうした理解があれば「お隣さんからリンゴを頂く」という文章は漢字表記になるし、「記載いただいてよろしいでしょうか」という文章はひらがな表記となる。

その他にも常用漢字以外は使用しないといったルールや、漢数字とアラビア数字の使い分け、差別語や外来語などの用語集などが載っていたりする。

ライティングとはこうした一定のルールに準拠して書いていくことで、表記揺れもなくなり、読者にとっても読みやすい文章になるのだと知った。なかなか奥が深いものなのだ。記者ハンドブックとにらめっこをしながらライティングの仕事をしていくうちに、だいぶ文章のクオリティも高くなり、指摘事項も減っていった。

 

おわりに

以上が始めて仕事としてWEBライティングを請けたときの話しだ。結局伝統サポーターズというWEBサービスは一世を風靡する前にサービス終了となってしまった。ただ記者ハンドブックという存在を教えてくれ、僕自身のライティングスキルを高めてくれたことには感謝したい。

今は他社からの依頼で仕事としてのライティングすることもないので、記者ハンドブックのルールに準拠してライティングをしているわけではないが、あのころに培った基本だけは守っているつもりだ。

仕事のことカテゴリの最新記事